今日薬局に買い物に行ったら、40代から50代くらいの女性が同じように買い物していてその人の買い物かごを覗いてみたら、紫根化粧水が2本入ってました。

紫根化粧水?何?私はふだんあんまりテレビを見ない?見れないのでもしかしてテレビでやったものなのかと思って、家に帰りPCで調べてみました。
やっぱり魔女たちの22時で紹介された化粧水でした。

紫根とは、ムラサキという多年草植物の根を乾燥させたもの。奈良時代から江戸時代にかけて栽培がおこなわれ、古くから生薬として、美肌、肌荒れに効果があると注目されてきたそうです。

紫根には優れた抗炎、消炎、抗菌、雑菌、保湿、新陳代謝促進作用があるそうです。

a0027_001824

紫根の解毒が雑菌作用がニキビなどの皮膚疾患の炎症を沈静化し、回復を早めるそうです。紫根の細胞賦活作用が皮膚の新陳代謝や皮膚再生を促進し、シミ、くすみを薄くするので色白の美肌がよみがえるそうです。

紫根の皮膚再生機能が皮膚のブツブツ跡にも働きかけます。紫根の抗菌作用やUVカット機能もあります。
いろいろいいみたいですね。コスメトライアルをさがしてみないとね。

また湿疹、水虫、うおの目、ニキビ、あかぎれ、ひびなどの皮膚疾患や火傷、切りきず、すり傷などの外治療の用薬に処方されて注目の化粧成分だそうです。

Comments are closed.